防災システム研究所/公式ホームページ
◇ 防災システム研究所
主な業務/講演会・講師派遣・防災コメンテーター業務・研究開発業務・アドバイサー業務・執筆・防災マニュアル及びBCP(事業継続計画)作成監修など.
◇ 山村武彦
1943年、東京都出身。新潟地震(1964年)でのボランテ ィア活動を契機に、同年、防災・危機管理のシンクタンク 「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、 世界中で発生する災害(250カ所以上)の現地調査を実 施。各報道番組での解説や助言、日本各地での講演(2,500回以上)、執筆活動などを通じ、防災意識の啓発に 取り組む。また、多くの企業や自治体の防災アドバイザー (顧問)を歴任し、BCP(事業継続計画)マニュアルや防災 マニュアルの策定など、災害に強い企業、社会、街づくりに携わる。実践的防災・危機 管理の第一人者。 著書 「災害に強いまちづくりは 互近助の力 ~隣人と仲良くする 勇気~」(ぎょうせい)など多数。

◇ 問い合わせ先
・防災講演会 講師派遣、取材、執筆その他お問い合わせ
・メール/kouen@bo-sai.co.jp
・TEL/03-5771-6338
・FAX/03-5771-6339
受講者の感想
在宅避難と分散避難
左の写真は、熊本地震時にグランメッセ熊本の駐車場に避難していた車中避難(車中泊)者。大規模災害発生時、自宅の安全が確認できたら在宅避難が原則です。しかし、危険が迫っている場合や、自宅が損壊し住めない場合は、直ちに安全な避難しましょう。避難する場合も、避難先は避難所だけでなく、自治会館、親戚・知人宅、車中避難などの分散避難も検討しましょう。とくに感染症流行時、基礎疾患のある高齢者などの感染弱者は、不特定多数が密集する場所を避けることも必要です。

2011年/東日本大震災調査

2020年/令和2年7月豪雨
■ 山村武彦が提唱し呼掛けてきたこと
近助・互近助・防災隣組 
安全ゾーン
在宅避難・分散避難
在宅避難生活訓練
スマート防災訓練
防災井戸端会議
防災ストリートミーティング
地震発生時の心得と退避行動(安全行動)
台風・水害・土砂災害・落雷・竜巻から命を守る知識と行動
津波の知識と教訓
火災!煙の中の避難方法
防災・危機管理心理の知識
首都直下地震に備える知識と対策
南海トラフ地震に備える知識と対策
富士山噴火に備える知識
豪雪対策・大雪対策・車に乗っている時、雪道の歩き方
ミサイル攻撃、Jアラートが鳴った時の行動
新幹線の中の安全行動
命の笛
♪互近助さんの歌
防災用品点検の日
最近の著書
   
   
 防災システム研究所合同会社
〒106-0032 東京都港区六本木7-17-12
 
SSL グローバルサインのサイトシール