山村武彦プロフィール
 防災・危機管理アドバイザー山村武彦
 
現職:防災システム研究所 所長
所属学会
日本災害情報学会 
地域安全学会

略歴
学生時代、新潟地震(1964年)でのボランティア活動を契機に防災アドバイザーを志す。以降、現場主義(真実と教訓は現場にあり)を掲げ、地震、津波、噴火、水害、竜巻、土砂災害、事故、事件等200か所以上の現地調査を行う。阪神・淡路大震災(1995年)発生時は2時間後に現地入りし、救助活動、調査活動を行う。同年、科学技術振興功績者として科学技術庁長官賞受賞。近年も東日本大震災オクラホマ竜巻災害などの現地調査を実施し、写真レポートをサイトにアップしている。実践的防災・危機管理の第一人者といわれている。
現在、執筆、講演活動、マスコミ出演等を通じ防災・危機管理意識啓発に活躍中。

提唱:「近助の精神」「防災隣組」
対談:石原慎太郎都知事&山村武彦

歴任した主な役職
消防庁防災訓練活性化研究会委員 
研究開発型企業連絡会議議長 
関東学院大学非常勤講師 
防災対策評価委員会幹事など

主なメディア出演
NHK:「ニュースウオッチ9」「ゆうどきネットワーク」
TBSテレビ:「ニュース23 」「ひるおび」「朝ズバッ」
テレビ朝日:「ワイドスクランブル」「やじうまプラス」
日本テレビ:「ズームインサタディ」「ザ・サンデー」
フジテレビ:「スーパーニュース」「めざましテレビ」
海外:ル・モンド(仏)、ニューヨークタイムス(米)
海外テレビ:BBCテレビ(英)、CNNテレビ(米)、アルジャジーラ(中東)等

主な著書
「近くの人が近くの人を助ける、近助の精神と防災隣組」(きんざい)
「富士山の噴火は始まっている」木村政昭氏との共著(宝島社)
防災・危機管理の再点検ー進化するBCP(事業継続計画)」/(きんざい)

「山村流 災害・防災用語事典」(ぎょうせい)
「目からウロコの防災新常識」(ぎょうせい)
「感染弱者のための新型インフルエンザ対策」(アニカ)
「防災格言・命を守る百の戒め」(ぎょうせい)
「災害に強い企業をつくる「事業継続計画(BCP)の取組と留意点」(りそな総合研究所)
「非常本」(アニカ) 
「中小企業に役立つ事業継続計画」(日本商工経済研究所)
「マル得マガジン・我が家の防災対策・DVD」(NHKエデュケーション) 
「本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方・災害現場からみつめたBCP」(きんざい) 
「大震災発生!公的支援がくるまでの200時間生き延びる知識と知恵」(小学館) 
「人は皆「自分だけは死なない」と思っている防災心理学」(宝島社)
「大震災!これなら生き残れる」(朝日新聞社) 
「不安列島、闘う防災術」(銀河出版) 
「大地震!そのときどうす」(五月書房) 
「我が家の防災手帳」(銀河出版) 
「大地震、今日からできる生活革命」(五月書房)など